手作りゴム

【コロナ対策】マスクを手作りする方に!簡単!ゴムの作り方

前回に引き続き、今度は手作りゴムの作り方を画像とともにお送りします。

たまにコンビニやドンキなどでマスクが売られてるのを見ますが、まだまだ買えない状況ですよね。
アベノマスクも届き始め、小さくて意味ないというのも聞きますし、だったら自分でマスクを作ろう!という人が急激に増え始めてます。

ただマスクは手作りできるけどゴムはどうしたらいいのか。
100均のヘアゴムや輪ゴムなど簡易的に使うのも全然ありですが、難点としては耳が痛くなること。

今日紹介するのは耳が全く痛くならない!見た目がいい!何十個もできる!しかも切るだけ!めっちゃ簡単な方法をご紹介します。

用意する材料はこれ

ストッキング

これはストッキング。タイツでもOKです!

ストッキングまたはタイツをハサミでカットしていく!

カット

ストッキングの性能にもよるんですが、今回私は太ももの付け根部分をカットしました。ぶっちゃけこの部分だと大きく感じる人が多いと思います。
足首部分をカットしたり、ご自身の顔に合わせて好きな箇所をカットするといいです。
着圧がすごいものはできるだけ太い部分をカットする。緩い作りのものであれば足首またはそこに近いところをカットするといいです。

1cmぐらいの幅でカット。それ以上の幅でも大丈夫です!
それはなぜかというと…

1cmカット

カットしたものを両手に取り、左右に同時に引っ張って見てください!
クルっとカットした箇所が丸まって、まるで見た目がマスクのゴムそっくり!

ゴム完成

これで完成です!

フワフワっでまるで本当に使い捨てマスクのゴムと変わらない柔らかいゴムになりました。めちゃくちゃ伸びますし、カラータイツでカラフルに作っても可愛いですし、タンスのこやしになってる古いストッキングやタイツを使って簡単に何十個も作れるのでオススメ!

ゴムがなかなか手に入らない人または耳が痛くなるのがいやな人に本当にオススメです!